複数のオプションを備えたアプローチ

バレ アスティーメソッドは、職種に応じて様々なアプローチ方法を提供します
ダンスの教師は、柔軟性、筋力、コアの安定性、そしてダンスのポジションと動きの向上のためにそれを利用します。
俳優や音楽家は、呼吸パターンの探索、姿勢の改善、および動きの調整により興味を持つことがより多いでしょう。
体育のインストラクターは、音楽、リズム、動きの流れ、エネルギーの多様性、および空間の利用などの芸術的要素を取り入れてクラスを向上させる機会があります。一方、理学療法士は特定の運動やリハビリテーションのルーティンを使用するか、心理的な均衡のために芸術的側面を活用することができます。

芸術学士を芸術的なクラスにするものは何ですか?

    音楽の重要性は、それぞれの動きに適したエネルギーを提供するインスピレーションの要素としての役割にあります。
  • スペースの利用
  • 標準に応じて、より複雑な組み合わせを作成するために、私たちが動きを組み合わせる方法が重要です。 これらの可能性が、芸術学士を床バーとしてユニークにする要素です。私たちの150以上の動きの語彙が、空間内の方向、呼吸パターン、リズム、身体の異なる部分が関与する順序を変えることで、無数の組み合わせを作成することを可能にします。
  • 最後の芸術的要素は、動きの流動性です。エネルギーの流れが、優雅さ、感情、そして喜びを与えます。

バール・アスティエが快適なボディコンディショニングクラスである理由は何ですか?

  • ストレッチと強化の動きの適切なバランス
  • 首や背中の痛みを軽減するための脊椎と上半身の適切な配置
  • ダンスという芸術とのつながり。
  • 最後に、私たちの呼吸パターンが許容する刺激、リラクゼーション、緊張の解消。 実際、バール・アスティエでは、呼吸は私たちの体を内面の認識に任せるためのツールです…私たちの四肢を分離する方法を学び、その重みを手放すことを受け入れる手段です。”
    “身体の文法は”

この方法の利点

“Barre ASTIĖは、筋肉、骨格、関節、およびそれらの可動性に関する知識を身につける方法です。それは、フレックス、ストレッチ、螺旋、および機能的なコンセプトを通じて脊椎の屈曲を利用して移動する個人の能力を明らかにし、自己の適切なイメージを形成することを可能にします。” – 身体の文法 –

s02

一人ひとりの体格を尊重する

個々の体型を尊重し、怪我やいかなる種類の緊張やストレスもなく、体のブロックを解除する手助けをします。

s03

身体の機能に気づく

個々の方が自身の体の機能や身体能力を認識し、筋肉の過剰な負荷なしにそれらを超える行為に関与することを奨励します。

s004

体のさまざまな部分のブロックを解除する

異なる部位の体を解放し、緊張を解消するために、シンプルな動きから始めます。ここで、呼吸の部分が非常に重要です。

s01

バランスの取れたセッションを提供する

状況や作業レベルに応じて異なる順序で進行する、バランスの取れたセッションを提供します。練習者が“上手にやる”を超え、“幸福”を追求するようなセッションです。